楽天アフィリエイト

飲食料品のアフィリエイトをしたら、アフィリエイト報酬も軽減税率の対象なの?

目安時間 9分

2019年10月1日から消費税率っていうのが、8%から10%に変更になるとともに、軽減税率っていう制度が導入されるんです。

軽減って、なにを軽減するのかっていうと、基本的には、消費税は10%っていう税率になるんですが、特定品目を買う時には、今までの8%と同じ税率で消費税はOKですよ(消費税が10%から8%に軽減される)ということを意味しているんです。

じゃあ、何が8%で、何が10%になるのかっていいますと、『飲食料品の譲渡』については、今まで同じ税率の8%の消費税がかかり、それ以外の商品の譲渡については基本的に10%の消費税がかかるっていうことなんです。

これって、アフィリエイターには無関係なんでしょうか???

楽天アフィリエイトをやっている方は、バレンタインの時期には、チョコレートのアフィリエイトしていませんか?年末時期には、おせち料理のアフィリエイトをしていませんか?

2019年10月1日以降の飲食料品の譲渡については、ネット通販を含み、全て軽減税率(消費税率8%)の対象となります。

ちなみに、アフィリエイト報酬についても、消費税を上乗せして支払われるため、一定額以上の売上を獲得しているアフィリエイターは消費税の申告もしていますよね。

そんなアフィリエイターの方が、飲食料品の譲渡に関連してアフィリエイトを行った場合のアフィリエイト報酬について、飲食料品の譲渡に係るアフィリエイト報酬なので軽減税率8%で消費税の申告をすればいいのか?もしくは、消費税10%として申告すればいいのかどちらなのでしょうか。

2019年10月以降のアフィリエイト報酬に関する消費税の取扱いをまとめてみたいと思います。

そもそも軽減税率ってどんなものを対象としているの?

まずは、アフィリエイト報酬に関する消費税をまとめるにあたり、軽減税率って、どんなものに適用されるのかっていうのをちゃんとわかっていないと8%or10%の税率の区別がつかないと思います。

アフィリエイトをやっていくにあたって、これだけ知っていれば大丈夫っていう『軽減税率』のポイントを簡単にまとめてみたいと思います。

消費税って、商品を購入したり、サービスを受けてその代金を支払うような場合には、必ず、発生するものなんです。

そんな消費税について、2019年10月からは、消費税が10%となる取引のもの、消費税が8%となる取引のものがありまして、そのうち、消費税が8%となる取引のものを軽減税率が適用されるものとされています。

そんな軽減税率が適用されるものについて、いろんな雑誌やニュースで取り上げられていて、こんな場合は、軽減税率の対象になって、あんな場合は、軽減税率の対象になりませんって説明されているのをみたりすることがあったりしますよね。

なんかちょっと難しいかもって印象を受けると思うんです。

でも、軽減税率が適用される対象品目って、実は、

2つしか

ないんです。

その2つって、

 

1、飲食料品
2、新聞(週2回以上発行され、かつ、定期購読のもの)

 

の譲渡に限られているんです。

このうち、新聞については、朝日新聞や読売新聞などを定期的に購読しているような場合が該当し、紙面で購入しているものに限定されています(電子版は軽減税率の対象外なんです)。

もう一つの軽減税率対象品目として、『飲食料品の譲渡』がありますが、アフィリエイト対象となるものとしては、新聞よりも飲食料品の譲渡の方が圧倒的に多いですよね。

ここで、「飲食料品」って、どんなものを指すのでしょうか???

これについて、税法では、

 

「飲食料品」=「人が食べたり、飲んだりすることを対象として販売されるものであって、医薬品やアルコールを除くもの」

 

っていったように定義されているんです。

スポンサーリンク

楽天アフィリエイトをやっている方ですと、「第○類医薬品」っていったような感じで医薬品を対象としてアフィリエイトされている方っていると思うのですが、こちらは、飲食料品に該当しないので、アフィリエイト対象となる医薬品については、もろに消費増税の影響を受けて、10月1日以降は価格が変わると思います。

また、アルコール類についても、同じように軽減税率の対象外なので、2019年10月以降は、10%の消費税がかかるようになります。

ですが、バレンタインのチョコレートやおせち料理などは、人が食べるために販売されているものですので、軽減税率の対象となるんです。

軽減税率を対象とする飲食料品を販売した場合のアフィリエイト報酬も軽減税率の対象なの?

軽減税率の対象って、①飲食料品②新聞(週2回以上発行&定期購読)の2つに限られるって、ご紹介したと思うんです。

そのため、飲食料品の譲渡について、アフィリエイトしている場合を考えてみると、このアフィリエイトについても飲食料品の譲渡に関連し、アフィリエイトっていう行為も飲食料品の譲渡として税法上、取り扱われるかどうかというのが、軽減税率の対象となるかどうかのポイントとなります。

確かに、飲食料品の譲渡に関するアフィリエイトって、飲食料品の譲渡に密接に関連しているので、飲食料品の譲渡の一環としてみなされて、『軽減税率の対象になるかも???』って、解釈される余地があると思います。

これについて、税法は、こんな回答を示しています。

(問)当社は、飲食料品や雑貨等について販売代行業者に販売を委託しています。軽減税率制度が実施される令和元年 10 月1日以降、販売代行業者に支払う委託販売手数料の取扱いが変更されるとのことですが、その内容を具体的に教えてください。

【答】~略~ 令和元年 10 月1日以降においては、委託販売等を通じて受託者が行う飲食料品の譲渡は軽減税率の適用対象となる一方、受託者が行う委託販売等に係る役務の提供は、その取扱商品が飲食料品であったとしても、軽減税率の適用対象となりません。

 したがって、その取扱商品が飲食料品である場合には、受託者が行う販売と委託販売に係 る役務の提供の適用税率が異なるため、純額処理をすることはできないこととなります

消費税の軽減税率制度に関するQ&A(個別事例編)

ちょっと、表現が難しいですかね。

簡単にまとめると、

「飲食料品の譲渡は、軽減税率の対象です。ですが、その販売を委託している場合に支払う報酬については、軽減税率の対象ではありません。」

って書かれています。

これを、飲食料品の譲渡を対象として実施しているアフィリエイトに照らし合わせてみますと、

「アフィリエイトの対象となる飲食料品の販売価格については、軽減税率の対象となります。しかし、その飲食料品のアフィリエイトによって得られるアフィリエイト報酬については、軽減税率の対象となりません。そのため、2019年10月以降のアフィリエイト報酬については、消費税増税の影響を受けて、支払われる報酬については、10%の消費税で計算されるものになります。」

っていうことなんです。

まとめ

軽減税率の対象となる品目は限定されています。

そのため、アフィリエイト報酬がその対象品目に該当するのか否かっていうことで、軽減税率の対象となるかどうかが決まっているいうことです。

もし、こちらで取り上げた例以外でも、ネットビジネスをやっていて、税金や経理処理などで疑問に思うことがありましたら、 お気軽にご質問ください。

ご質問ございましたら、こちらのページの下にある『コメントフォーム』にご質問頂くか、もしくは、『質問箱』を用意しておりますので、そちらにコメント頂けますとありがたいです。

ちなみに質問箱は!!!⇒こちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

☆☆☆ブログランキング☆☆☆
当サイトの管理人

管理人のけんけん先生です。

普通に顔出ししてもよかったのですが、税理士資格を持ちつつ、サラリーマンもしているので、、、何かと面倒じゃないですか、、、それなので、このブログでは「けんけん先生」として活動しています。

私は、普段、経理マンとしてお仕事しつつ、こんな感じでネットビジネスもやっています。

税理士さんが税金を解説するための税金関連サイトは星の数ほど作られています。

そんな税理士さんたちが作っているサイトですが、ネットの世界で情報を発信しているにもかかわらず、ネットビジネス専門の税金関連サイトって、ほとんどないです。

ですが、私は、このサイトを通じて、ネットビジネス専門の税金関連情報を発信しています。

なんで私がそんなサイトが必要だと思って、このサイトを立ち上げたのか?を書くと長くなってしまうので、こちらにまとめてました。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報