ASPアフィリエイト

ASPアフィリエイトの経費ってどこまで認められる?家賃も経費なの?

目安時間 10分

アフィリエイトを専業でスタートしたけど、まだまだ、収入が不安定なので、自宅開業された方。

収入にまるまる税金がかかって、税金もっていかれるのは厳しいですよね。

できる限り、経費を計上して、税金が少なくなればって思いますよね。

じゃあ、経費ってどこまで認められるか?

自宅の家賃、電気代・ガス代・水道代といった光熱費、インターネット回線代、電話代、飲食代など、アフィリエイト関連で発生している経費ってありますよね。

こういった経費って、全部、収入から控除する経費っていうものにしてもいいんでしょうか。

「『アフィリエイト』の経費っていえば、これ!」って明確に決まったものはないんですが、やっているお仕事に応じて、こんなところまで経費は認められますよ~って考え方はあります。

そんな考え方を示しつつ、これをアフィリエイトってお仕事に当てはめてみると、あふぃエイトの経費ってこんなところまで認められると思いますよっていうのをまとめてみたいと思います。

事業所得の経費ってなに?

アフィリエイトを専業でスタートした場合、そのアフィリエイトで得られる収入から(必要)経費を引いたものを、税金の用語で、

事業所得

っていいます。

収入は簡単です。

ASPアフィリエイトをやっている方であれば、自分のブログやサイトを通じて、サービスの売買が成立した場合に、ASPから報酬をもらえると思いますが、その報酬が収入です。

では、(必要)経費ってどんなものが、経費として認められるものなんでしょうか。

この(必要)経費については、こんな風に税法で定義(意味)されています。

必要経費とは、収入を得るために直接必要な売上原価や販売費、管理費その他費用のことをいい、例えば、次に掲げるようなものがあります。  なお、家事上の経費は必要経費になりませんが、家事上の経費に関連する経費のうち、事業所得を生ずべき業務の遂行上必要である部分を明らかに区分することができる場合のその部分に相当する経費の金額は必要経費となります。

イ 売上原価

ロ 給与、賃金

ハ 地代、家賃

ニ 減価償却費

国税庁HP

『ハ 地代、家賃』

って、例であげられているんだから、家賃はOKだよね!

って簡単に考えていいんでしょうか?

実は、ダメなんです。

この必要経費に何を含めるかっていうポイントは、例示で挙げられている「ロ 給与、賃金」「ハ 地代、家賃」って言葉だけをそのままとらえるんじゃなくて、その例示の前に書かれている考え方をちゃんと理解することなんです。

でも、その例示の前に書いてあることって抽象的なことでちょっとわかりにくいですよね。

そんなわかりにくい文章ですが、こんなポイントを押されて考えれば大丈夫です。

①収入に直接関連した経費であること
②家事費は必要経費とならないこと
③家事費であっても事業に必要な費用である部分を明確に分けることができること

では、これをASPアフィリエイトを専業としてやっている方に当てはめて考えていってみます。

ASPアフィリエイトをやっている方の直接経費ってどんなもの?

ASPアフィリエイトって、ASPが紹介する案件を自分のサイトやブログで紹介し、その紹介(広告などのクリック)を通じて、サービス購入などが発生した場合に、その売上額の一定割合を報酬としてASPから支払われるって仕組みですよね。

では、このASPアフィリエイトの収入を得るために、直接的に、使用している経費ってどんなものがあるでしょうか。

ASPアフィリエイトを運営していくためには、「サイトやブログ」が必要ですよね。

人によっては、無料のブログサービスを利用して、ASPアフィリエイトを運営されている方もいるかもしれません。

しかし、ほとんどの方は、自由がきかない、制限がある、いつサービスが停止されるかわからないなどの理由から、

自分で『ドメインを取得し、サーバーをレンタルして』サイトやブログ

を運営されているんではないでしょうか。

また、ASPの案件を紹介して報酬を得るためには、そのサイトを閲覧した人が興味を持って広告をクリックし、サービスを購入してもらわないといけないですよね。

そんな文章を作成してもらうために、

スポンサーリンク

『外注に文章作成をお願い』している

って方もいるんではないでしょうか。

こんな感じに、収入を獲得するために、かけなくてはならない経費は、事業所得の経費として認められます。

つまり、ASPアフィリエイトで収入を得るために直接関連した経費として、

・ドメイン取得代
・サイトやブログを運営するためのレンタルサーバー代
・文章を作成するために外注に作業をお願いするための代金

は認められることになるんです。

ASPアフィリエイトやっている方の家事費ってどんなもの?家事費は経費?

会社を作って、ASPアフィリエイトをやっている方は、事業とプライベートって、ある程度区分することができますよね。

でも、個人事業主って、自分の生活の部分と事業の部分って明確に区分することが難しい部分があるんです。

ここで、税法で定義されている『家事上の経費』って、個人事業主として開業していなかったとして生活上に必要な経費のことを意味しています。

個人事業主して開業していなかったとしても、電気はつけますよね。ご飯は食べますよね。お茶は飲みますよね。

そんな生活していく上で必要な費用のことを家事費(家事上の経費)っていうんです。

では、この家事費について、個人事業主として開業したら、すべて個人事業主の経費として問題ないでしょうか。

自宅を事務所として開業すれば、電気も付けますし、仕事をしながらお茶も飲むでしょうし、トイレにも入りますよね。

そんな経費を漏れなく、個人事業主の経費として問題ないでしょうか。

感覚的には、ダメそうかも、、、って思いますよね。

先ほど、必要経費を考える時のポイントとして、

②家事費は必要経費とならないこと

って示しましたよね。

ですので、家事費については、必要経費にはならないんです。

「でも、ちょっと待ってよ!確かに、家事費っていうものになるかもしれないけど、ASPアフィリエイトやっていなかったら、ASPアフィリエイトをやるためのパソコン部屋は必要なかったし、夜遅くまで電気も付けなかったかもしれない。。。このパソコンすらいらなかったかもしれない。。。」

って思うでしょうか。

そんなこともあろうかと、税法は、家事費であった場合であってもこんな場合には、必要経費に含めていいですよ~って、いうことを示しています。

それが、3つに示したポイントです。

③家事費であっても事業に必要な費用である部分を明確に分けることができること

例えば、ASPアフィリエイトをやるために特定の部屋をASPアフィリエイト専属の部屋にしているような場合。

借りているお部屋全体の面積のうち、ASPアフィリエイト専属部屋の面積に相当する家賃については、事業所得の必要経費として問題ありません。

具体的に例を示してみますと、

借りている部屋の全体の面積が50だとします。そのうち、パソコン部屋の面積が20で、家賃が月に10万円だったとします。

この場合、月ごとに必要経費にできる金額は、

10万円÷50×20=4万円

となります。

こういう風に必要経費を計算したのはあくまで、この計算方法が『合理的で説明可能なもの』だからです。

これ以外の方法でも

『合理的で説明可能なもの』

で家事費と事業に必要な経費に区分できるのであれば、その計算方法で計算したものでも必要経費を計算することができます。

まとめますと、

ASPアフィリエイトの経費は、ASPアフィリエイトの収入を得るために必要な費用だっていうことです。

収入を得るために直接的に費用だけでなく、生活費(家事費)の中にも、収入を得るために必要なものを区分することができれば、全部ではないですが、その収入を得るために必要な比率を必要経費にすることができるんです。

もし、こちらで取り上げた例以外でも、ネットビジネスをやっていて、税金や経理処理などで疑問に思うことがありましたら、 お気軽にご質問ください。

ご質問ございましたら、こちらのページの下にある『コメントフォーム』にご質問頂くか、もしくは、『質問箱』を用意しておりますので、そちらにコメント頂けますとありがたいです。

ちなみに質問箱は!!!⇒こちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

☆☆☆ブログランキング☆☆☆
当サイトの管理人

管理人のけんけん先生です。

普通に顔出ししてもよかったのですが、税理士資格を持ちつつ、サラリーマンもしているので、、、何かと面倒じゃないですか、、、それなので、このブログでは「けんけん先生」として活動しています。

私は、普段、経理マンとしてお仕事しつつ、こんな感じでネットビジネスもやっています。

税理士さんが税金を解説するための税金関連サイトは星の数ほど作られています。

そんな税理士さんたちが作っているサイトですが、ネットの世界で情報を発信しているにもかかわらず、ネットビジネス専門の税金関連サイトって、ほとんどないです。

ですが、私は、このサイトを通じて、ネットビジネス専門の税金関連情報を発信しています。

なんで私がそんなサイトが必要だと思って、このサイトを立ち上げたのか?を書くと長くなってしまうので、こちらにまとめてました。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報