YouTube

YouTubeを始める前から持っているカメラ代は経費にできるの?

目安時間 8分
今年の8月からYouTubeの動画投稿を始めたGさん。
YouTubeの動画投稿用に使用しているカメラは、YouTubeを始める前から持っていた5万円のカメラです。
今年のYouTubeの収入が40万円です。
所得税は、収入から必要経費を引いた金額(所得)が38万円以下だったら、確定申告不要だと聞いたので、面倒くさそうな確定申告を避けるために、動画投稿用に使用しているカメラ代5万円を必要経費にしたいと思っている。

Gさんのお悩みを整理すると、

・YouTubeを始める前から持っているカメラ代は経費にできるのか?
・YouTubeの動画撮影に使っているカメラ代を全額経費にできるのか?

っていうのがお悩みポイントとなります。

確定申告って面倒くさいですよね。

カメラ代を必要経費にできるかどうかで、また、必要経費にできるとして、いくらまで経費にできるのかで、確定申告って必要になるかどうかが決まってくるので、この判定ってとっても重要ですよね。

YouTube動画投稿前から保有するYouTube動画撮影用のカメラ代は、果たして、必要経費にできるのか?カメラ代は全額経費になるかっていうことをまとめてみたいと思います。

スポンサーリンク

YouTube動画投稿前から保有しているカメラ代は必要経費にできるのか?

所得税を計算するには、まず、所得を計算することになるんですが、この所得は、、、

所得=収入-必要経費

って計算するんです。

そして、必要経費は、「収入を得るために必要な支出」ですから、その支出が収入を獲得するために必要であればよいんです。

Gさんの場合、YouTube動画投稿用にカメラを使用していますので、YouTube収入を得るためにそのカメラ代は必要であったと説明はできます。

そのため、Gさんのカメラ代を必要経費として処理できる『余地』はあります。

ただ、Gさんが使っているカメラですが、そもそもは、YouTube動画を撮影するために買った訳ではないですよね。

だって、YouTube動画投稿よりも前に買っているんですから。

購入した時には、違った目的で購入しているはずです。

あと、所得の計算って、暦年1年間(1月1日~12月31日)で計算することになっています。
(所得の計算期間については、こちらを参考にしてみてください)
副業YouTuber所得1年20万円超の計算は動画投稿日から始まる?

ですので、例えば、カメラの購入が2018年11月で、YouTube動画投稿を始めたのが2019年4月だとすると所得の計算期間が違ってきてしまっています。

そんな感じなので、Gさんがカメラ代を必要経費とするための余地を満たすためには、Gさんがカメラをプライベートに使用した期間と動画撮影用として使用した期間をメモなどで残しておくこと、また、少なくともカメラを購入した年とYouTube動画投稿を始めた年が同じであることが必要だと思います。

スポンサーリンク

YouTube動画撮影用に使用してカメラ代は全額経費にできる?

Gさんが持っているYouTube動画撮影用に使用しているカメラ代は、「全額経費ではなく、一部しか経費にできない」と思います。

必要経費にするためには、収入を得るために必要な支出ではなくてはなりません。

現在は、YouTube動画投稿用にカメラを使用していたとしても、YouTube動画投稿よりも前からカメラを保有していますので、YouTube動画投稿より前にまったく使用していないということを客観的に説明できない限りは、カメラ代の一部は、YouTubeの動画投稿により収入を得る目的以外にも使用していることになります。

つまり、プライベートで保有している期間については、必要経費にしてはいけないっていうことです。

例えば、Gさんがカメラを1月1日に購入しました。その後、YouTubeの動画投稿を10月1日からスタートして12月31日までに40万円の収入を得たとします。

そうすると、Gさんがカメラをプライベートで使用している期間は、1月1日~9月30日までの9か月間。GさんがカメラをYouTube動画投稿に使用している期間は、10月1日~12月31日までの3ヶ月間っていうことになります。

・カメラ代5万円のうち、9か月÷12か月はプライベート使用。
⇒5万円×9か月÷12か月=37,500円
・カメラ代5万円のうち、3か月÷12か月は収入獲得目的で使用。
⇒5万円×3か月÷12か月=12,500円

といったように計算され、必要経費となるのは、カメラ代5万円のうち、12,500円となります。

GさんのYouTube収入は40万円、必要経費は12,500円となりますので、Gさんの所得は387,500円(400,000円-12,500円)>38万円ですので、確定申告が必要っていうことになります。

まとめ

YouTubeを始める前に購入したYouTube動画撮影用のカメラ代については、使用状況や購入したタイミングによっては経費にできる余地はあります。

ただ、YouTube動画投稿前にカメラを購入したということは、プライベートで使用している期間も少なからずあるっていうことですよね。

使用した費用を必要経費として収入から控除するためには、その収入を得るために必要な支出という条件を満たさなくてはいけませんので、プライベートで使用した分に関しては必要経費に含めることはできません。

そのため、YouTube動画投稿前に購入したカメラ代が必要経費として認められたとしても、必要経費として認めらる期間が短いと、結果として、経費にできる金額も小さくなりますので、収入と必要経費の金額によっては、Gさんのケースのように確定申告が必要となる場合がありますのでご注意ください。

もし、こちらで取り上げた例以外でも、ネットビジネスをやっていて、税金や経理処理などで疑問に思うことがありましたら、 お気軽にご質問ください。

ご質問ございましたら、こちらのページの下にある『コメントフォーム』にご質問頂くか、もしくは、『質問箱』を用意しておりますので、そちらにコメント頂けますとありがたいです。

ちなみに質問箱は!!!⇒こちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

☆☆☆ブログランキング☆☆☆
当サイトの管理人

管理人のけんけん先生です。

普通に顔出ししてもよかったのですが、税理士資格を持ちつつ、サラリーマンもしているので、、、何かと面倒じゃないですか、、、それなので、このブログでは「けんけん先生」として活動しています。

私は、普段、経理マンとしてお仕事しつつ、こんな感じでネットビジネスもやっています。

税理士さんが税金を解説するための税金関連サイトは星の数ほど作られています。

そんな税理士さんたちが作っているサイトですが、ネットの世界で情報を発信しているにもかかわらず、ネットビジネス専門の税金関連サイトって、ほとんどないです。

ですが、私は、このサイトを通じて、ネットビジネス専門の税金関連情報を発信しています。

なんで私がそんなサイトが必要だと思って、このサイトを立ち上げたのか?を書くと長くなってしまうので、こちらにまとめてました。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報