amazonアフィリエイト

Amazonアソシエイト報酬の12月発生分の報酬は確定申告に含めますか?

目安時間 11分

個人が所得の確定申告する場合には、1月1日~12月31日までに発生した所得について確定申告してなくてはいけないことになっています。

では、12月に発生したAmazonアソシエイトの報酬については今年の確定申告に含めなくてはいけないのか?もしくは、Amazonアソシエイトの報酬が確定するのは翌年1月になっているのだから、翌年の確定申告に含めなくてはいけないのか?

これって悩みどころだと思うんです。

いつ、収入って計上しなくちゃいけないのか?っていう問題です。

税法(所得税法)で、どんな考え方になっているのかをまとめてみたいと思います。

所得税法でAmazonアソシエイト報酬の収入の計上時期ってどうやってきまっているの?

Amazonアソシエイト報酬って、所得税法の報酬の区分でいうと「事業所得」もしくは「雑所得」っていうものに区分されます。

では、ここでは「事業所得」の収入金額の計上時期について、所得税法でどんな感じに決まっているのかを示してみたいと思います。

事業所得の総収入金額の収入すべき時期は、別段の定めがある場合を除き、次の収入金額については、それぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭49直所2-23改正)

(1) 棚卸資産の販売(試用販売及び委託販売を除く。)による収入金額については、その引渡しがあった日

(2) 棚卸資産の試用販売による収入金額については、相手方が購入の意思を表示した日。ただし、積送又は配置した棚卸資産について、相手方が一定期間内に返送又は拒絶の意思を表示しない限り特約又は慣習によりその販売が確定することとなっている場合には、その期間の満了の日

(3) 棚卸資産の委託販売による収入金額については、受託者がその委託品を販売した日。ただし、当該委託品についての売上計算書が毎日又は1月を超えない一定期間ごとに送付されている場合において、継続して当該売上計算書が到達した日の属する年分の収入金額としているときは、当該売上計算書の到達の日

(4) 請負による収入金額については、物の引渡しを要する請負契約にあってはその目的物の全部を完成して相手方に引き渡した日、物の引渡しを要しない請負契約にあってはその約した役務の提供を完了した日。ただし、一の契約により多量に請け負った同種の建設工事等についてその引渡量に従い工事代金等を収入する旨の特約若しくは慣習がある場合又は1個の建設工事等についてその完成した部分を引き渡した都度その割合に応じて工事代金等を収入する旨の特約若しくは慣習がある場合には、その引き渡した部分に係る収入金額については、その特約又は慣習により相手方に引き渡した日

(5) 人的役務の提供(請負を除く。)による収入金額については、その人的役務の提供を完了した日。ただし、人的役務の提供による報酬を期間の経過又は役務の提供の程度等に応じて収入する特約又は慣習がある場合におけるその期間の経過又は役務の提供の程度等に対応する報酬については、その特約又は慣習によりその収入すべき事由が生じた日

(6) 資産(金銭を除く。)の貸付けによる賃貸料でその年に対応するものに係る収入金額については、その年の末日(貸付期間の終了する年にあっては、当該期間の終了する日)

(7) 金銭の貸付けによる利息又は手形の割引料でその年に対応するものに係る収入金額については、その年の末日(貸付期間の終了する年にあっては、当該期間の終了する日)。ただし、その者が継続して、次に掲げる区分に応じ、それぞれ次に掲げる日により収入金額に計上している場合には、それぞれ次に掲げる日

イ 利息を天引きして貸し付けたものに係る利息  その契約により定められている貸付元本の返済日

ロ その他の利息  その貸付けに係る契約の内容に応じ、36-5の(1)に掲げる日

ハ 手形の割引料  その手形の満期日(当該満期日前に当該手形を譲渡した場合には、当該譲渡の日)

国税庁HP

といったような感じで、決まっているんですが、これだけ読んでもよくわからないですよね。

もうちょっとかみ砕いて説明してみます。

(5)を注目して頂きたいんですが、「役務」って言葉は一般的ではないと思うのですが、これを普段使われる言葉に置き直すと「サービス」って意味なんです。

つまり、(5)をもうちょっと簡単に言いかえると

(5)作業として提供したサービスに関する収入金額の計上時期は、そのサービスの提供が完了した時の日付で計上しますよ!

っていうことを意味しているんです。

Amazonアソシエイトの場合でいえば、アフィリエイターにとってみれば収入は紹介料報酬であって、それは、自分のブログなどに貼ったリンクをブログを見てくれた人が踏んで、商品などを購入してくれた場合に、その紹介っていうサービスをAmazon側に提供できたから報酬をもらえるっていう仕組みですよね。

この収入の計上の考え方を「発生主義」っていうんですが、サービス提供の都度、収入は発生していると考えるんです。

スポンサーリンク

Amazonのアフィリエイトの報酬って、他のASPやアドセンスなどでも同じですけど、翌月に入ってから前月の金額が確定しますが、それって、報酬として受け取る額が見積もり額から確定額に変更されるっていうことで、『金額』の決定が翌月になっているだけですよね。

でも、アフィリエイトの報酬として発生した時期については、12月の報酬であれば、12月1日~31日までのアフィリエイトの活動によって発生したもので、12月1日の報酬は、12月1日に発生したものですし、12月2日の報酬は、12月2日に発生したものですし、、、、12月31日の報酬は、12月31日に発生したものですよね。

ですので、『金額』が確定したタイミングで収入計上の時期とするのは、本来の発生主義の考え方とは違うんです。

Amazonは1ヶ月間まとめて、収入金額の支払い額を確定していますが、収入は毎日毎日発生しています。

そのため、Amazonアソシエイトの報酬については、12月分として発生したものについても、その年の分の所得(収入)として計算することになります。

ちなみに、確定申告って、2月中旬~3月15日までの期間で申告することになっているのは、事後的に収入金額などの修正されることも考慮して、1月すぐに確定申告するのではなく、少し期間をおいてから申告することになっているのだと思います。

ですので、12月の収入については、見積もり収入額を確定申告の収入とするのではなくて、1月に入って確定した収入額を12月分の収入額として確定申告することが必要となってきます。

Amazonアソシエイト報酬を雑所得している場合には収入計上時期って違うの?

Amazonアソシエイトを含めたアフィリエイトの事業を本業としてやっている方などは、Amazonアソシエイト報酬を事業所得として処理していると思うのですが、サラリーマンをやりつつ、副業としてAmazonアソシエイト報酬をもらっている場合、Amazonアソシエイト報酬を「雑所得」として処理している場合もあると思います。

Amazonアソシエイト報酬を「雑所得」として処理した場合に、Amazonアソシエイト報酬の収入計上時期って、「事業所得」として処理した場合と異なってくるのでしょうか?

これについては、Amazonアソシエイト報酬を「事業所得」として処理しようが、「雑所得」として処理しようが、収入として計上すべき時期には変わりはありません。

12月に発生した収入については、収入額が確定する翌年1月の収入ではなく、12月分の収入として、今年の確定申告の収入に含めることが必要となります。

では、雑所得の収入計上時期について、所得税法ではどのように決まっているかといいますと、

雑所得の収入金額又は総収入金額の収入すべき時期は、次に掲げる区分に応じそれぞれ次に掲げる日によるものとする。(昭63直法6-1、直所3-1、平14課個2-22、課資3-5、課法8-10、課審3-197改正)

(1) 法第35条第3項《雑所得》に規定する公的年金等

イ 公的年金等の支給の基礎となる法令、契約、規程又は規約(以下この(1)において「法令等」という。)により定められた支給日

ロ 法令等の改正、改訂が既往にさかのぼって実施されたため既往の期間に対応して支払われる新旧公的年金等の差額で、その支給日が定められているものについてはその支給日、その日が定められていないものについてはその改正、改訂の効力が生じた日

(注) 裁定、改定等の遅延、誤びゅう等により既往にさかのぼって支払われる公的年金等については、法令等により定められた当該公的年金等の計算の対象とされた期間に係る各々の支給日によることに留意する。

(2) (1)以外のもの   その収入の態様に応じ、他の所得の収入金額又は総収入金額の収入すべき時期の取扱いに準じて判定した日

国税庁HP

って決まっています。

(2) (1)以外のもの

がAmazonアソシエイト報酬の収入計上時期の考え方として示されているものです。

もうちょっと簡単に言いかえると、

(2)具体的な取扱いについては、他の収入で決まっている方法に従いますよ!

っていった内容です。

そのため、Amazonアソシエイト報酬の収入計上時期については、事業所得に区分されようが、雑所得に区分されようが、発生した時期の収入として計上されるっていうことになります。

まとめ

Amazonアソシエイト報酬について、発生したタイミングで収入として計上されることになります。

決して、収入金額が確定するタイミングではないのでご注意ください。

もし、こちらで取り上げた例以外でも、ネットビジネスをやっていて、税金や経理処理などで疑問に思うことがありましたら、 お気軽にご質問ください。

ご質問ございましたら、こちらのページの下にある『コメントフォーム』にご質問頂くか、もしくは、『質問箱』を用意しておりますので、そちらにコメント頂けますとありがたいです。

ちなみに質問箱は!!!⇒こちら

スポンサーリンク

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

☆☆☆ブログランキング☆☆☆
当サイトの管理人

管理人のけんけん先生です。

普通に顔出ししてもよかったのですが、税理士資格を持ちつつ、サラリーマンもしているので、、、何かと面倒じゃないですか、、、それなので、このブログでは「けんけん先生」として活動しています。

私は、普段、経理マンとしてお仕事しつつ、こんな感じでネットビジネスもやっています。

税理士さんが税金を解説するための税金関連サイトは星の数ほど作られています。

そんな税理士さんたちが作っているサイトですが、ネットの世界で情報を発信しているにもかかわらず、ネットビジネス専門の税金関連サイトって、ほとんどないです。

ですが、私は、このサイトを通じて、ネットビジネス専門の税金関連情報を発信しています。

なんで私がそんなサイトが必要だと思って、このサイトを立ち上げたのか?を書くと長くなってしまうので、こちらにまとめてました。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報