Googleアドセンス

アドセンス収入って少額だったら確定申告しなくてもバレないですよね?

目安時間 8分

アドセンスって、外国のGoogleって会社との取引だし、日本の税務署ってどうせよくわからないでしょ?

所得がある程度になったら、申告しなくちゃいけないらしいけど、大丈夫だよね???申告しなくても!!!

どうせ税金取られているのって、いっぱい稼いでいる人だけでしょ???

っていう風に思っている方がいるかもしれないんですが、、、

本当にそうなんでしょうか?

アドセンス収入って少額だったら、確定申告しなくてもバレないのか?バレた時にはどんな罰則があるのかっていうのをまとめてみたいと思います。

アドセンス収入って少額だったら確定申告しなくてもバレないの?

個人の方がアドセンスで収入を得た場合、この収入から経費や控除などを差し引いた『所得』っていうものに税金(所得税)がかかるんです。

では、所得がいくら少なくても所得税がかかるかというと、そうではなく、所得が38万円までは所得税はとられませんよ~って決まっています(正確には、38万円の『基礎控除』っていうものがありまして、所得から『基礎控除』の38万円を控除することができるので、38万円までの所得の方は所得税がかからないようになっています)。

そのため、アドセンスの専業収入が年間で38万円までいかないな~(副業だったら、20万円以下なんですが、、、)っていう人は、そもそも、申告してもしなくても大丈夫なので、このあたりの収入の方は、『申告忘れていたけど、、、どうしよう!!!』っていうのは心配しなくても大丈夫です。

ただ、月5万円ぐらい稼げるようになってくると年間の収入は60万円を超えてきますよね。

そうすると、経費があったとしても、所得が38万円を超えてくる可能性が高くなってきます。

月5万円ぐらいだったら、バレないだろうって思いますよね。。。

ネット取引なんて、実際にモノの動きのないしバレにくいかも???

っていうぐらいに思うかもしれないですが、、、

ですが、こういった取引を専門的に確認しているチームが税務署にはあるってご存知ですか?

実は、2001年から全国の税務署には、

 

『電子商取引専門調査チーム』

 

っていうのが設置されているんです。
【国税庁HP参照】

このチームは、インターネットを介した商売としての取引の業者やそれに関連した業者について、情報収集や税務調査を専門的に行うチームなんです。

「このぐらいの取引なんで、税務署は把握していないだろう」

っていった感じに思っているかもしれないですが、ネット上にはいろいろな履歴が残っていますし、このチームは国際的にも取引実績を把握するように活動していますので、皆さんの取引はほぼ筒抜けだと思って頂いた方がよいと思います。

「でも、収入がちょっとだったらどうせ調査なんて入らないでしょ?調査が入るのは大きな収入がある人だけでしょ?」

って思うかもしれないですが、ちゃんと申告せずにとれる罰則金って、結構な金額になりますので、自分では少額って思っていたとしても調査が入り、追徴課税される可能性はあります。

どんな罰則金がとられるのかっていうのを次にまとめていきますね。

スポンサーリンク

アドセンスの収入について確定申告しないとどんな罰則金がとられるの?

所得税って、確定申告しないと罰則金がとられるって聞いたことありますか?

昔、「マルサの女」っていう映画がありまして、そこで、たんまりと税金を追加で取られるっていうのがあるんですが、、、まさに、それと同じように税金をしっかりと払っていないと罰金としても税金「追徴課税」っていうのが通常の税金とは別に上乗せで取られるんです。

一番「追徴課税」として重いペナルティとしての加算税には、

 

重加算税

 

っていうのがあります。

状況によって若干異なるものの、

重加算税=納める税金×50%

となります。納めなくてはいけない税金が1.5倍になるってことです。

例えば、ちゃんと申告しておけば、10万円の税金でよかったところを15万円払わなくていけない。。。

ただ、重加算税って、所得を隠蔽したり、仮装したりして、意図的にごまかそうっていう場合に課税されるものなので、通常であれば、適用されることはないです。

その代わり、気付かれないから申告しなくても大丈夫だよね~って思っていて、その結果、税務調査に入られ、ペナルティとしてとられる加算税として

 

無申告加算税

 

っていうのを徴収されます。

これは、申告しなくちゃいけないのに、申告しなかったことによるペナルティなんです。

こちらについては、最大で、20%の税金を追加で納めなくてはいけません。

それなら、とりあえず、所得を少なめにして申告して税金納めておけばいいかな~って思う人もいるかもしれませんが、実際よりも所得を少なめに申告してしまう、もしくは、一部の所得を申告しないとか(例えば、A8ネットの収入は申告するけど、アドセンスの収入は申告しないとか)の場合には、

 

過少申告加算税

 

っていうのを徴収されます。

こちらについては、申告しなかった所得に対する税金に対して、最大、15%の税金を追加で納めなくてはならないんです。

この他にも、納税が遅れたことによる利息的な意味合いの「延滞税」っていうのが、最大年利8.9%取られてしまうとか、、、

そんな感じで罰則金がとられるので、注意が必要です。

しかも、税務調査では、普通に3年前の所得なども調査されますので、今は税務調査に入られていなかったとしても、実は、泳がされているだけかもしれませんよ。。。

まとめ

税金対策、節税対策って色々と検討されるかもしれませんが、ちゃんと確定申告して、ちゃんと納税するのが、第一の節税対策になるかもしれません。

余分な税金(加算税)は払いたくないですよね。

もし、こちらで取り上げた例以外でも、ネットビジネスをやっていて、税金や経理処理などで疑問に思うことがありましたら、 お気軽にご質問ください。

ご質問ございましたら、こちらのページの下にある『コメントフォーム』にご質問頂くか、もしくは、『質問箱』を用意しておりますので、そちらにコメント頂けますとありがたいです。

ちなみに質問箱は!!!⇒こちら

スポンサーリンク

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

コメント

☆☆☆ブログランキング☆☆☆
当サイトの管理人

管理人のけんけん先生です。

普通に顔出ししてもよかったのですが、税理士資格を持ちつつ、サラリーマンもしているので、、、何かと面倒じゃないですか、、、それなので、このブログでは「けんけん先生」として活動しています。

私は、普段、経理マンとしてお仕事しつつ、こんな感じでネットビジネスもやっています。

税理士さんが税金を解説するための税金関連サイトは星の数ほど作られています。

そんな税理士さんたちが作っているサイトですが、ネットの世界で情報を発信しているにもかかわらず、ネットビジネス専門の税金関連サイトって、ほとんどないです。

ですが、私は、このサイトを通じて、ネットビジネス専門の税金関連情報を発信しています。

なんで私がそんなサイトが必要だと思って、このサイトを立ち上げたのか?を書くと長くなってしまうので、こちらにまとめてました。

最近の投稿
最近のコメント
    アーカイブ
    カテゴリー
    メタ情報